iPadの保護フィルムやめました。使わないメリットと気になる耐久性の話

普段からiPad Proをヘビーユーズしています。少し前に、その画面に貼っていた保護フィルムを剥がしました。

最初は勇気がいったけど、なくしてみると案外快適。

今回は、フィルムをやめた理由と使い心地について語ります。

保護フィルムを剥がしたきっかけ

最初はガラスフィルムを貼っていました。理由は傷や割れの防止。

普段は不便を感じていなかったものの、1つだけ気になる点が。それはApple Pencilが滑ることでした。

ペーパーライクフィルムへの貼り替えも考え、一旦フィルムを剥がしてみることに。すると、フィルムなしが意外と快適なことに気づいたのです。

そして結局、現在もiPadは保護フィルムを貼らずそのまま使用しています。

保護フィルムなしの使い心地

iPadに保護フィルムを貼らないと、使い心地はどう違うのか。わたしが感じたことは3つです。

Apple Pencilの使い心地が良好

ガラスフィルムと明らかに違うのは、Apple Pencilの使い心地。

ガラスフィルムの場合、ペン先が画面上をツルツル滑る感覚が強かったです。

わたしはイラストを描くためにApple Pencilを使ってますが、ガラスフィルムではかなり描きにくい!

一方、フィルムなしだと少し摩擦がある気がします。画面はツルツルなんだけど、書き心地がむにゅっとしてるというか…

もちろん紙とは全く違うけど、フィルムなしにしてから圧倒的に描きやすく感じています。

画面が鮮やか

iPadでは動画を見ることも多いため、映像のキレイさは気になるポイント。

ガラスフィルムでも充分良かったのですが、やはりフィルムなしは一段上かなと感じています。

色が鮮やかで、本当に美しい。映画やアニメなどいろいろ楽しんでます。

指紋がつきやすくなった

個人的な感覚だけど、フィルムなしの方が指紋がつきやすい気がしています。目立ちやすいというか。

Apple Pencilの滑りが軽減したということは、タッチ操作する際も滑りにくいわけで。なんとなく指紋が残りやすい感じがします。

ただこれは真逆のこと(指紋がつきにくくなった)を言ってる方も見かけたので、人によりけりかもしれません。謎だ。

iPadの耐久性

さて、保護フィルムを貼らないという選択で1番の懸念点が耐久性です。

画面に傷がつくことがイヤだから、購入後すぐにフィルムを貼ってきたわけで。それをなくして剥き出しで使うなんて、最初は本当に怖かったです。

しかし、半年ほど保護フィルムなしで使ってみたところ特に問題はなし。

画面はこんな感じ。特に目立つ傷は見当たりませんでした。

この理由として、以下のことが考えられます。

  • smart keyboardをカバーとしてつけていた
  • 持ち運ぶ頻度が少なかった

わたしの使い方だと傷がつくシチュエーションが少なかった、というのもあるかと思います。

それでも、ここまできれいに保てるとは想像してませんでした。ほっと一安心。

おわりに

「絶対に必要!」と思っていた保護フィルムだけど、なくても平気なもんだなというのが今回の発見。

ただ、Apple Pencilを使わない場合は貼っても貼らなくても大きな差はないように感じます。

わたしはApple Pencilの使い心地が向上したので大満足。これからもiPadが手放せないです。

by
関連記事